悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで9頭に増えてしまいました。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

出資馬近況(0810) ポルケテスエーニョの17

 ポルケテスエーニョの17

f:id:salarymanbanushi:20180810172148j:plain

2018/08/10 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「かなり大型な馬ではありますが、ここまではアクシデント等もなく、至って順調に夜間放牧を行っています。性格も大人しく、馴致も鞍付けまで進めており、育成厩舎への移動に向けて準備が着々と進んでいます。体は大きくて少々器用さに欠けるところもありますが、父産駒の特徴でもあるスピードは目を見張るものがあり、将来が楽しみですね。この様子なら今後もスムーズに進めていけるでしょう」483kg

生産はノーザンファームながら、父ストリートセンス、母ポルケテスエーニョという血統なので、実質的には持ち込み馬と変わらない馬です。そういった点ではリエノテソーロ(父Speightstown)、モルトアレグロ(父Speightstown)、リョーノテソーロ(父 Justin Phillip)など〇外で活躍馬を輩出している武井厩舎はプラスかなと思っています。

 

実はこの馬の一般抽選率も5%と、アドマイヤセプターの17よりも厳しい倍率を見事引き当ててしまいました。下半期の馬券はきっと当たらないでしょう。。

 

動画見た感じだと前も後ろもかなり筋肉が付いていて現時点で完成度が高い印象を受け、かつ素軽い歩様をしています。既にある程度馬体がしっかりしているだけに、ここからどう成長していくかでしょうね。

 

馬体は現時点で483㎏ありますし、体高も高いですから、将来的には結構デカくなる感ありますね。芝でもやれると色々なところで書かれていますが、きっと主戦場はダートになるでしょう。関東馬ですし、東京競馬場で見られることを楽しみにしています。この馬も結構やれるでしょう!

スポンサーリンク