悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで9頭に増えてしまいました。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

出走馬結果(0805) ユナカイト新馬2着

f:id:salarymanbanushi:20180806205710j:plain

2018/08/06 <レース結果>
 8/5(日)新潟6R メイクデビュー新潟〔芝1,400m・17頭〕2着[1人気]

五分のスタートから無理せず、道中は10番手あたりを追走、先に抜け出した勝ち馬は捉えられなかったものの、直線は上がり最速の脚を使って、2着まで追い上げたところでゴールしています。

 

C.ルメール騎手「大外枠だったので道中は外目を回ることになってしまいましたし、ペースもあまり速くなくて展開も向きませんでしたね。それでも折り合いには問題なくリラックスして走れていましたし、直線はとてもいい脚を使ってくれました。勝つことは出来ませんでしたが、次に繋がる競馬だったと思いますし、力はある馬だと思います」

 

木村哲也調教師「調教を消化する毎に動きは上向いていましたし、一番人気に応えたかったのですが、結果を残せず申し訳ありません。直線は一頭すごい脚を使ってくれて、力があるところは見せてくれましたが、それを1着という結果で示せなかったことは残念です。レース後も目立ったダメージはありませんでしたが、暑い時期に続戦させるのはかわいそうですから、レース当日に直接ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました」

 

新潟競馬場でユナカイトを現地観戦してきました!

 

まずメンバー。

17頭と頭数は揃いましたが、目立つ馬はそれほどおらず、小粒なメンバー構成のように感じられました。

 

次にパドック気配ですが、落ち着いていて太目にも感じられず、仕上がりは良かったと思います。でも勝った社台のベルスールはもっと良く見えました笑

 

 

返し馬も引っかかるところなく、従順そうな印象。

気性面をしっかりケアしてここまで仕上げてくれた厩舎には感謝です。

 

www.youtube.com

 

レースは割愛しますが、枠が響きましたね。

↓の通り、先行して内を通ってきた馬が上位を占める結果となりました。

f:id:salarymanbanushi:20180806211312p:plain

「姉・アーモンドアイと同じ負け方!」とTwitterやnetkeiba界隈では色々書かれていましたが、同時点のレース比較では明らかにアーモンドアイの方が内容が上ですね。

 

ただユナカイトも今後を見通したソフト仕上げの中、この絶望的な位置取りからよく2着まで来てくれたと思います。力はありますね。

レース内容は次につながるという点では90点以上でしょう。

 

今後はいったん放牧に出るとのことなのですが、昨年のアーモンドアイと同じ10月初旬の東京マイル(牝馬限定)で復帰させるような気がしています。

ちなみにレース後に直接天栄に放牧に出したのもアーモンドアイと同じとのこと。

 

個人的には1400で手堅く一勝を挙げてほしいのですが、まあマイルでもやれるでしょう。あとは今後の気性も大事になってきますね。キムテツ大先生はそのあたりもしっかりケアしてくれているので、大丈夫かと思いますが。。

 

今回のレースにしても、ルメールはムチ1回しか打っていませんし、かなり気性面を気にしてくれているものと思います。

 

ヨハネスブルグ産駒という血統背景を踏まえても、距離短縮はいつでもできますから、まずは1400~1600くらいで使っていってほしいです。

 

P.S. ダイアトニックに続き、2週連続でフレンチビキニの子供にやられてしまいました…(ヴゼットジョリー&ベルスール)

スポンサーリンク