悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで9頭に増えてしまいました。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

出資馬近況(0802) ユナカイト【日曜出走】

ユナカイト

f:id:salarymanbanushi:20180802225643j:plain

2018/08/01 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで1日に時計
次走予定:8月5日の新潟・芝1,400m〔C.ルメール〕

木村哲也調教師「1日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方を追走していき、直線は最内に入れて脚を伸ばすと、しっかりと同入しています。ゴール前で軽めに仕掛けましたが、スッと反応していましたし、追い切りを消化する毎に動きは上向いてきていると思います。暑さを考慮しつつ調整してきたことで、夏バテすることなく順調に仕上げることが出来ました。二冠馬の妹ということで掛かる期待は大きいですが、まずはこのレースに全力投球し、いい結果を残してもらいたいと思っています」

 

いよいよ新馬デビューです。

レースは新潟芝1400、姉のアーモンドアイがデビューしたのと同じ新馬戦となりました。鞍上はその主戦のルメール騎手が乗ってくれることになりました!

本命は5レースのジェンティルドンナの妹・ドナアトラエンテかもしれませんが…

いずれにしてもユナカイトもがんばってほしいです。

 

相手関係

某netkeibaのオッズでは、上位人気は以下の通り。

1人気 ユナカイト(ルメール)

2人気 ロードスパイダー(三浦)

3人気 アルデエンブレム(福永)

4人気 フィデリオグリーン(藤田菜)

5人気 ベルスール(田辺)

この中では調教が動いている社台のベルスールが不気味ですね。

1週前まで坂路で好時計を出していて、鞍上も含め怖い一頭です。

あとはこの馬の姉がヴゼットジョリーなんですよね。。

ヴゼットジョリーといえば、先週ダイアトニックが頭差2着で負けた馬で、また同じ新潟でその妹にやられるような気がして・・・

あとこの新馬戦はフルゲート18頭、新潟の内回りと紛れる要素満載です。

内~中枠を引いて、先行して押し切る競馬ができればと思っています。

今の新潟の馬場は高速なので、出遅れたら終了でしょう。

 

中間

5月16日: 木村哲也厩舎入厩

 助 手5.23南坂良 64.3- 46.8- 30.6- 14.8 馬なり余力
 助 手5.25南坂稍 63.3- 46.5- 30.0- 14.5 馬なり余力

5月25日: ゲート試験合格

5月29日~7月7日: 天栄放牧

(15秒~13秒で乗り込み)

7月7日: トレセン帰厩

 助 手 7.11南W良 58.5- 43.0- 13.5[5]馬なり余力

 助 手 7.15南坂良 - - - - 馬なり余力

 助 手 7.18南W良 54.8- 39.6- 12.9[3]馬なり余力
  バールドバイ(古500万)馬なりの内0.4秒追走同入

 助 手 7.22南坂良 56.8- 41.2- 26.6- 13.0 馬なり余力

 助 手 7.25南W良 85.3- 70.1- 54.7- 40.6- 12.8[4]馬なり余力
  バールドバイ(古500万)馬なりの内0.4秒追走同入

 助 手 7.29南坂不 56.6- 41.4- 26.8- 12.8 馬なり余力

 助 手 8. 1南W良 52.5- 38.3- 13.2[3]G前仕掛け
  ミカリーニョ(古500万)末一杯の内0.9秒追走同入

 

気性面を意識してか緩めの調教が続いています。

以前ノーザンファームでこの馬を見ていたときも気性に気を付けているという旨をおっしゃっていて、かつキムテツ先生も「マイルまではもたせられるように」と発言していましたから、こういった中間になるのでしょう。

ただ天栄を含めて5月末以降かなり乗り込んできていますから、力は出せる状態にあるでしょう。ヨハネスブルク産駒ですので2歳戦から期待していますし、まず初戦を突破してほしいです。当日は新潟競馬場まで参戦予定です!

スポンサーリンク