悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで6頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

出資馬近況(0706) 2歳牝馬3頭

ユナカイト

f:id:salarymanbanushi:20180706195452j:plain

2018/07/06 <近況>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄/7日に美浦トレセンへ帰厩予定
調教内容:週2回坂路コースで14‐13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:8月5日の新潟・芝1,400m

天栄担当者「この中間も週3回の坂路調教でしっかりと負荷をかけています。7日に帰厩する予定となりましたが、坂路コースでは相変わらず良い動きを見せていますし、状態も安定していますので、良い形で送り出せると思います」

 

明日7日に美浦トレセンへ帰厩し、1か月後のデビュー戦に向けて調整する運びとなりました。昨年からデビュー前の今まで、頓挫もほとんどなく順調に来れましたし、調教自体も動いているので、新馬から期待できると思います。来週からはトレセンの調教になりますが、今からどれくらい調教タイムが出るか楽しみです。8月5日の新潟戦は、姉のアーモンドアイがデビューした1戦。当日は私も新潟まで遠征しようと思っています!

 

ブランノワール

f:id:salarymanbanushi:20180706195854j:plain

2018/07/06 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定

厩舎長「この中間も坂路コースでハロン17秒の乗り込みを行っていますが、馬体はまだ幼いものの、この馬なりに余裕を持って走ってくれるようになっています。兄のブレイニーランも時間を掛けて良くなってきているだけに、ブランノワールも成長を促しながら育てていけば逞しく育ってくれるはずです。入厩に向けてペースを上げていきたいと思います。馬体重は448kgです」

 

6月中旬に北海道から本州へ移動してきました。まだノーザンファームしがらきで調整していますし、コメントからしてもじっくり、といった具合ですからデビューはまだ先でしょう。まずはゲート試験に向けて順調に行ってほしいです。

 

プラムストーン

f:id:salarymanbanushi:20180706200230j:plain

2018/07/02 <近況>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,400m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間はハロン14秒の坂路調教をメインに調教を行っています。先月からハロン14秒のペースを始めましたが、幾分手応えが良くなりました。終いにかけて甘さを見せていたのも解消され、週2回このペースでの調教を行ってきたことがしっかりと実になっているのを感じます。まだ、走りに纏まりが無いところもあり、力不足な感は否めませんがこのペースで乗りこみを重ねていけば問題ないでしょう。状態面ですが、ここ最近で馬体重が一気に増えてきました。馬体にボリュームが増して負荷が掛かった調教にも耐えうる馬体になってきたことは好材料ですね。このまま調教を積んで中身のある馬体にしていければと思います。まだまだ力不足なところがあるので、現状はこのペースで進めていき、1つ1つ成長を待って次のステップにいきます」馬体重467㎏

 

ヘニーヒューズ産駒、テスタマッタを兄に持つプラムストーンさんですが、だいぶ馬体もしっかりしてきましたし、かつこれは調教をより進めてのものですから、かなり成長がうかがえると思います。ユナカイトやブランノワールよりは遅いデビューで、きっと秋の東京あたりで新馬戦となりそうですね。この馬は陣営がダート短距離、とはっきり路線を定めているのがとても良いです。今年出資した3頭は全部本当に楽しみです。

スポンサーリンク