UMAJOと結婚したいアラサーの戯言

シルクホースクラブで一口馬主をやっています。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーです。

出資馬近況(0618) ブランノワール

ブランノワール

f:id:salarymanbanushi:20180618210958j:plain

2018/06/15 <近況>
在厩場所:16日に福島県・ノーザンファーム天栄/17日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動予定
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「先週は少し疲れが見られたためウォーキングマシンに止めてリフレッシュを取り入れましたが、この中間からまた坂路での調教を再開しています。ウッドチップを掻き込む力は他の馬と比べてもとても強く、小柄な馬体の馬の動きとは思えないほどです。速い時計の坂路調教後は飼い葉食いが落ちてしまうことがありますし、調教の負荷が強まっていることから少し気難しい面を時折り見せているので、よく気を配るようにしていました。直接入厩となると肉体的にも精神的にも大きな負担になる可能性があることから、15日にこちらを出発してノーザンファームしがらきで入厩前調整を行うことになりました」馬体重440kg

 

49 ブランノワール (プチノワールの16 父ロードカナロア 18年3月 - YouTube

49 ブランノワール (プチノワールの16 父ロードカナロア 18年4月 - YouTube

49 ブランノワール (プチノワールの16 父ロードカナロア 18年5月 - YouTube

 

元々1次募集時に大人気だったこの馬ですが、昨年のノーザンファーム空港訪問時には、写真で見るよりずいぶん細い馬だなというのが率直な意見で、牧場の担当者のトーンもそれほど高いものではありませんでした。

 

ですが6月に入って急速に良くなってきた印象を受けています。上記にYoutubeの動画を貼っておりますが、3月、4月はふわふわと上に力が抜けるような走りで、いかにも非力な印象を受けていました。その一方で6月の動画を見てみると、前脚の回転は力強く、走るフォームも乱れることなく走り切れています。いかにも走りそうな馬になってきました。

 

姉はシルクでG1を勝ったローブティサージュですが、姉同様に気性面で気難しいような面があるようなのですが、父ロードカナロアということもあり、それほど心配はしていません。距離的にはマイルまでで、芝でしょう。

 

昨日17日にノーザンファームしがらきに移動とのことですから間もなくゲート試験でしょう。姉は7月15日の函館デビュー。この馬も北海道デビューかもしれませんね。アーモンドアイの妹のユナカイトも期待しているのですが、それに負けないくらいこの馬もよくなってきました。今からデビューが本当に待ち遠しいです。

 

17年11月

f:id:salarymanbanushi:20180618212009j:plain

18年2月

f:id:salarymanbanushi:20180618212050j:plain

18年4月

f:id:salarymanbanushi:20180618212054j:plain

18年6月

f:id:salarymanbanushi:20180618210958j:plain

スポンサーリンク