UMAJOと結婚したいアラサーの戯言

シルクホースクラブで一口馬主をやっています。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーです。

出走馬結果(0616) サーブルノワール復帰戦は15着

サーブルノワール

f:id:salarymanbanushi:20180618182019j:plain

2018/06/18 <レース結果>
 6/16(土)東京7R 3歳上500万下〔D2,100m・16頭〕15着[11人気]

ポンとスタートを切ると積極的に主張して行き、道中は一馬身ほどのリードを保ってレースを先導、そのままの隊列で直線に向きますが、残り400mを切ったあたりで先頭を奪われると、その後はズルズルと後退して後方でゴールしています。

 

石川裕紀人騎手「脚抜きのいい馬場でしたし、前目に付けた方がいいと思い積極的に運んでいきました。外の馬も速かったので少し押して行く形にはなりましたが、ハナを取り切ってからはリズム良く運べましたし、4コーナーまでは自らハミを取って前向きに走れていました。最後は久々の分が影響したのか脚が上がってしまったものの、一叩きして中身が出来てくればもっといい走りが出来ると思います」

 

和田勇介調教師「馬体重はプラス14㎏と増えていましたが、成長分もあったと思いますし、坂路のみではあったものの本数を積めてのものでしたから、許容範囲内だったと思います。切れる脚を使えるタイプではないですし、前日の雨の影響で湿った馬場でしたから、石川騎手には前に付けて欲しいと指示を出していました。楽々とはいきませんでしたが先手を取ることが出来ましたし、前に付けた2頭で決着したことを考えれば悪い形ではなかったと思います。約11ヵ月ぶりのレースということもあり直線は脚が上がってしまいましたが、まずは無事に走り終えてくれたことは良かったです。この後はよく脚元の状態を確認させていただいてから、どうするか検討したいと思います」

 

当日は東京競馬場で観戦していました。

久々の復帰戦ということもあり私自身も楽しみにはしていましたが、さすがに11か月の休み明け、それも馬なりばかりの調教でしたから、結果を求めるのは酷でした。

パドックですが、終始チャカチャカしていました。馬体も緩く感じました。調教師のコメントでは、「成長分も」という話ですが、やはり一叩き、二叩きしないと勝負にはならない出来だったように思えます。

f:id:salarymanbanushi:20180618182032j:plain

結局11番人気、単勝80.9倍でレースを迎えます。これは私が出資していた中で最も高オッズです。

 

レース自体は結構中身もあって、次に繋がるレースになったと思っています。

未勝利勝ち、500万昇級戦と逃げの競馬が板についてきましたが、今回も先手を取るのに若干苦労したものの、最内から逃げの手に出ることができました。残り3ハロンあたりで徐々に手ごたえが怪しくなり、残り2ハロンでいっぱい、という内容でしたが、長期休養明けという状態を踏まえれば、悪くないレースでした。

 

まだ次走は決まっていないようですが、状態さえよければ続戦してほしいです。恐らくローカルの芝2600やダ2400あたりを使っていくことになるでしょう。素質はある馬だと思っているので、次走以降期待したいです。

 

スポンサーリンク