悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで6頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

出資馬近況(0604) ブランノワール、プラムストーン

ブランノワール

f:id:salarymanbanushi:20180603221539j:plain

2018/06/02 <近況>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も同様のメニューで調教を続けています。周回・坂路コースにおいてのキャンターからは、非常にバネのある動きを感じることが出来ます。特に坂路ではスピード感に溢れるキャンターを見せてくれますよ。全体的な馬体はまだまだ小さく、キャンターは能力だけで動いている印象です。しかしコンスタントに調教を積みながらも馬体重は増加しているので、いい方向に進んでいると思います。すでに坂路でハロン14秒ペースの調教が出来ていますので、姉のローブティサージュ同様の夏デビューを目指してやっていければと考えています」馬体重437kg

 

坂路では14秒まで進み、週3回乗り込んで馬体重も437㎏とかなり順調ですね。

これまではひ弱さも垣間見えましたが、ここにきて馬体も走りのフォームもぐっと良くなった気がします。これは走るでしょう。牧場担当者からは「夏デビュー」というコメントも出てきましたし、そろそろ脱北してゲート試験かなと思います。早く競馬場でみたいです。

 

プラムストーン

f:id:salarymanbanushi:20180604224613j:plain

2018/06/02 <近況>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は週2回の坂路調教を行い、ハロン15秒ペースで2本ずつ登坂し、全体的なペースアップを図っています。まだトモがフラフラするなど、現状のペースに対応しきれていない部分はありますが、それも徐々に良化傾向にあります。前向きさや動きの力強さには特筆すべきものがありますが、やや力みやすくリラックスした運動ができずに消耗しやすいので、普段の調教では体をゆったりと動かすことを意識しています。脚元や体調面での心配はなく健康状態は良好です」馬体重451㎏

プラムストーンも良くなってきましたね。馬体もパワフルさが増しました。

コメントでは「前向きさや力強さに特筆すべきものあり」とのことですが、予てより短距離ダートを目標に進められていた同馬ですから、こういう気性はウエルカムですね。秋移動とどこかのPOG本で読んだような気がしますし、番組を考慮してもそうなるでしょうね。夏の間は北海道ですかね。私が出資しているユナカイトやブランノワールと比べれば若干劣るように見える現状ですが、この馬単体で見れば全然悪くないです。みんな走りそうですし、走ってくれれば最高です。

スポンサーリンク