UMAJOと結婚したいアラサーの戯言

シルクホースクラブで一口馬主をやっています。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーです。

201805 香港&マカオ遠征 その1

今年のゴールデンウィークも香港競馬に参戦してきました。

2016年12月、2017年5月、2017年12月と香港でのビッグレースの度に訪問していますから、ほぼルーティン化してますね。

香港ですが、格安航空会社を利用すれば2万弱で往復できます。

利便性に加えコスパ面も悪くない訪問先なのでオススメです。

 

今回の全体日程はこちら。

4月27日(金): 移動日

4月28日(土): マカオ

4月29日(日): 香港

4月30日(月)~:東南アジア放浪

 

4月27日(金)

羽田→伊丹→(連絡バス)→関空→深圳と謎ルートで香港を目指します。

というのも、社畜生活で貯めたマイルを活用して航空券を確保しようとしたのですが、直前に航空券を手配したこともあり、こんな複雑&クソルートしか残っていなかったんです。

ということで関西国際空港から深圳航空ZH9060便に搭乗しました。f:id:salarymanbanushi:20180512142437j:plain

乗客は98%くらいが人民系でした。

機内は中国のホームグラウンド。大声で騒ぐは、隣で桜餅食っててめちゃ臭いは、と

この国の人たちには控えめな人やおとなしい人はいないのかと疑いたくなるほどです。

 

ただこの雰囲気も嫌いではありません。

日本人は遠慮しすぎて、察する文化とか忖度がなんとかとかそんなものを重視して、その結果自分で自分の首を絞めていますからね。お客様は神様とかアホかと。

だからパソコンやインターネットがあり仕事の効率が遥かに進化しているこの時代に、無駄な仕事の山から下りられなくなるのでしょう。

などと考えながら、まずは香港島と中国を結ぶ巨大都市、深圳に向かいました。

機体はオンボロのA320でした。

f:id:salarymanbanushi:20180512144345j:plain

機内食はMade In Japanのすき焼き定食です。

100点満点中42点くらいでした。

f:id:salarymanbanushi:20180512144257j:plain

 

深圳へのフライトは約4時間。

定刻から15分遅れの18時半に到着しました。

天候は雨。どんよりとした薄曇りの空には大気汚染が原因なのか真っ白なスモッグが張り詰めており、さらに高層ビルからの光が青白く映し出されて、不気味でした。

 

深圳宝安国際空港は巨大でした。

中国のインフラにはいつも感心させられます。

以前中国の昆明から地方都市を回る旅をしたことがあるのですが、少し田舎の地域でも高速道路がきちんと整備されていました。13億の人民のパワーを随所に感じられます。

f:id:salarymanbanushi:20180512150050j:plain

ここから香港まではバスが出ています。

今晩は尖沙咀にホテルを確保しているので、佐敦道まで行くバスに乗りました。

100元(1,765円)。

 

中国は銀聯カードしか使えないという噂を聞いていたのですが、ここは一般的なカードブランドであれば何でも使用可能でした。なので、手持ちに中国元がなくても、香港まで移動することができます。

f:id:salarymanbanushi:20180512150308j:plain

深圳空港を出発したバスは、中国と香港の陸路国境である深圳湾口岸に向かいます。

審査場は巨大なバスターミナルの様相でした。

f:id:salarymanbanushi:20180512151503j:plain

 

深圳空港から深圳湾口岸までバスで40分。

中国出国から香港入国までは35分。

思ったよりずいぶんスムーズに香港入国できました。

航空券が高騰する時期であれば、深圳経由でも悪くないかもしれません。

 

香港の佐敦までは、またバスに揺られて40分。

ようやく佐敦に到着すると、尖沙咀まで徒歩で向かいます。

香港の一等地のホテルは金を出さないと激セマです。

ほぼシャワー浴びて寝るだけのこの部屋で6,930円。

f:id:salarymanbanushi:20180512152528j:plain

手持ちの香港ドルも少なく、朝からの移動に疲れ果て、

ケバブとビールの夕食で翌日に備えます。

f:id:salarymanbanushi:20180512153353j:plain

 

スポンサーリンク