悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで9頭に増えてしまいました。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

出資馬近況(0117) ラソワドール春菜賞へ+早くも春菜賞分析。

ラソワドール

f:id:salarymanbanushi:20180117224414j:plain

2018/01/17 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:2月3日の東京・春菜賞〔田辺裕信〕

戸田博文調教師「先週は申し訳ありませんでした。今後に向けて早めに賞金を加算したかっただけに残念な結果になってしまいましたが、久々を叩いた次は上積みがあると思いますし、巻き返せるように頑張っていきたいと思います。レース後は脚元の状態を含めて馬体に大きな問題ないので、このまま続戦したいと思います。東京2週目の春菜賞であれば、引き続き田辺騎手が騎乗できるということでしたので、そこを目標に調整していきたいと考えています

続投ですね。200m短縮で春菜賞。鞍上は田辺継続です。

前の記事にも書きましたが、春菜賞は選択してこないだろうと思っていたので意外でした。

が、確かに500万条件のマイル前後って、この時期はあまり番組がないんですよね。

 

セントポーリア賞

ウォルビスベイローザフェリーチェハッピーグリンあたりが出走予定。

混合戦ですし、毎年有力馬が集まるレースで、メンバー的にもちょっとキツイ。

 

クイーンカップ

レッドベルローズマウレアツヅミモンあたりが出走予定。

G3なので当然メンバーも強いですね。

今年は牝馬クラシック路線のレベルが高いですし、さすがにこのメンバーの中では牝馬限定重賞とはいえ流石に厳しいと思うのは確かだと思います。

 

春菜賞

ということで、比較的メンバーが薄くて、鞍上も継続して騎乗できる春菜賞を選択したようです。

春菜賞といえば、内枠の人気薄馬が穴を開けまくるレース

昨年は16人気のライズスクリューが1着(1枠2番)。

一昨年は11人気のカトルラポールが1着(1枠2番)。

2013年は12人気のチェリーペトルズが2着(2枠4番)

ちなみに1着も2枠3番のナンシーシャイン

なおこの時2枠流しで枠連を買っており、ゾロ目だけ切ったら枠連461倍という辛い思いでがあるレースです。当時チェリーペトルズは仲間内のPOGで私が指名していたんですよねー。。。競馬はつらい思い出ばかりです。

 

という話はどうでもいいんですが、、

 

過去のレース傾向

前半スローの後傾ラップが目立ちます。

f:id:salarymanbanushi:20180117230311p:plain

このラップ構成だと外を回っては間に合わないでしょう。

この時期の府中芝って結構内伸びますしね。

今年もこれまでの傾向通り、内枠でロスなく回った人気薄馬が穴を開けてきても不思議ではありません。

 

とりあえず、ラップ構成的に見れば、

  • 内枠
  • 先行策

で勝負しないとなかなか厳しそう。

 

内枠は運。

先行策は、、今回短縮+前走出遅れのラソワドールにとっては少し不安??

なんとか力で押し切ってほしいところです。

 

うーん、と書きつつも、、今回のラソワドールはまたしても外を回って届かず2,3着って姿を想像してしまいます。

鞍上田辺大先生がうまく乗ってくれることを祈るのみです。

スポンサーリンク