悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで6頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

'17秋 ノーザンファーム早来(ボアヴィスタ)

ボアヴィスタ

父: ロードカナロア

母: アビ(Chief's Crown)

栗東 石坂厩舎 

募集総額: 3,000万円(60,000円)

f:id:salarymanbanushi:20171029200841j:plain

f:id:salarymanbanushi:20171029200846j:plain

同行した友人の出資馬です。

兄にはダービー馬ディープスカイがいる血統ですが、ディープスカイ以外は活躍馬が出ていません。昨年の追加募集で6万円で募集されています。

 

しがらきへの移動の話が出る頃に検査した結果、喉に疾患(喉頭蓋ヒダ軸側偏位)が見つかったことから、社台ホースクリニックで手術することが決まりました。

同行してくださったN尾大先生によれば、キャロットのトゥザクラウンと同様の症状とのこと。

 

スタッフの方の話によれば、

とにかく早く見つかってよかった。もし向こう(しがらき)で見つかっていれば、滋賀からまた北海道へ輸送、こちらで手術をして、また送り出すということになるので、デビューも遅くなっていた。」

近況を見ても2週間程度で乗り運動は再開できるとのことですが、デビューは春前くらいまでずれ込みそうです。

 

ぱっと見ですが、個人的にはダート馬っぽく見えました。

ごつごつしていて短距離向けの印象。

 

直近の近況

2017/10/27 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~18秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

担当者「まだ社台ホースクリニックの都合が付かないためオペは行っていませんが、乗り込む分には特に問題ないので、この中間も同様のメニューで進めています。馬体重は532㎏と、運動を継続していることでだいぶ余分な脂肪が取れて絞れてきています。出来るだけ馬体を緩めないよう、手術までこの調子で乗り込んでいく方針です」

 

2017/10/19 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~18秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

担当者「ここまで順調に調教ペースを上げてきましたが、徐々に息遣いが悪くなってきてしまいました。そこで、運動時の喉の状態を内視鏡で検査したところ、喉頭蓋ヒダ軸側偏位を発症していることが分かりました。早めに手術をした方がいいので社台ホースクリニックの都合が付き次第、ヒダの切除を行う予定です。これまでの同様の症例からすると、順調にいけば術後2週間ほどで運動を再開できる見込みですし、競走能力に与える影響もないと予想されます」

スポンサーリンク