悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで6頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

むかわ町のシシャモチャン(カネダイ大野商店)

シシャモチャンの馬主が経営するししゃも屋さん

北海道の牧場巡りをした際に、ぜひおすすめしたいししゃも屋さんを見つけました!

私のかつての宗教馬シシャモチャンの馬主、大野満氏が経営する

カネダイ大野商店

f:id:salarymanbanushi:20171023214016j:plain

大野満氏は、シシャモシリーズの馬主さんで、馬名にもシシャモがずらり。シシャモムスメ、シシャモチャン、シシャモオージ、シシャモスペシャル、オーノシシャモなど…

これらの馬の中で、個人的に思い入れのあるのがシシャモチャン

私が競馬を本格的に始めた2010年頃、その個性的な名前や馬券でもお世話になったことから印象に残っているサクラバクシンオー産駒の3勝馬です。

洋芝が得意な馬でした。

今から考えれば、北海道シリーズに合わせて仕上げていたこともあったかもしれませんが…笑

 

店内は無駄に所有馬推し

f:id:salarymanbanushi:20171023214123j:plain

f:id:salarymanbanushi:20171023214133j:plain

f:id:salarymanbanushi:20171023214132j:plain

 

f:id:salarymanbanushi:20171023214136j:plain

f:id:salarymanbanushi:20171023214231j:plain

f:id:salarymanbanushi:20171023214218j:plain

料理

お店はシシャモ販売店かと思いきや、お店で買ったししゃもを店内で食べることができます。

ホットプレートが用意されており、店頭で購入したししゃもを即焼いて食べられます。

10本で1,500円くらいだったかと。

f:id:salarymanbanushi:20171023214359j:plain

むかわのシシャモは激ウマですね!

ぜひ食べていただきたい。

通常、私をはじめとした庶民層の食卓に出てくるシシャモはカラフトシシャモですが、この大野商店では代用品のカラフトシシャモを断固として販売してこなかったそう。

カラフトシシャモと比較して一回り大きめのむかわのシシャモは、身もすごくジューシーで、味もしっかりしていて、一度食べてみる価値は充分にありました。

個人的にはオスのほうが身の味がしっかり味わえておすすめです。

旬は10月~11月とのことでしたから、今がまさにシーズンです。

 

あとはシシャモのお寿司も食べられます。

が、個人的にはそこまで…って感じでしたね。

シャリと寿司のバランスがなんとも微妙。焼いたほうがBetterな気がします。

ちなみに奥は北寄貝。6カンセットで1,200円。

f:id:salarymanbanushi:20171023214755j:plain

 

カネダイ大野商店ですが、このあたりでは観光地のひとつに数えられ、地元の人以外も結構来ている印象でした。

新千歳空港から日高方面に向かう中間点的ポジションなので、

牧場見学+αとして立ち寄ることはおすすめできますね。

 

 

スポンサーリンク