悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで6頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

'17秋・ビッグレッドファーム見学記(ゴールドシップ・アイルハヴアナザー)

ゴールドシップ

有馬記念や宝塚記念など非根幹距離で強かったのは、ステイゴールド産駒らしいですね。

高速馬場の天皇賞春を3角から捲って勝つなど、思っていたよりもかなり強い馬でした。

同時期活躍していた同父のオルフェーヴル産駒はまだ成績的に目立つ馬を出せていませんが、ゴールドシップはどんな馬を出してくるのか興味深いです。

昨年は109頭に種付け、種付け料は300万円です。

f:id:salarymanbanushi:20171022221556j:plain

f:id:salarymanbanushi:20171022221622j:plain

荒っぽい気性を感じさせることもなく、とてものんびりしていました。

先に訪れたレックススタッドより広い放牧地ということも影響しているのでしょうか?

f:id:salarymanbanushi:20171022221632j:plain

放牧地の広さでいえば、こんな感じ。

f:id:salarymanbanushi:20171022221855j:plain

途中からゴールドシップは隣の放牧地のアイルハヴアナザーをじっと見ていました。

f:id:salarymanbanushi:20171022222002j:plain

f:id:salarymanbanushi:20171022222117j:plain

アイルハヴアナザー

2016年から産駒がデビューしています。種付け料は250万円。

この馬はケンタッキーダービー勝利など7戦5勝という活躍をしていますが、産駒は全くぱっとせず。スピードもなく、ダート中心に活躍が見込める種牡馬でしょうが、種牡馬としては全く実績が出ていないといっても過言ではありませんね…

代表産駒はハイパーノヴァ、マイネルブロッケン、タガノアニード、アナザートゥルースといったところ。

f:id:salarymanbanushi:20171022222619j:plain

スポンサーリンク