悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで細々と5頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

シルク16年産はこの1頭でした。

来年デビューはこの1頭。

16年産は結構ダメ元で人気馬ばかりに申し込みしていました。

  • サマーハの16(2,122口)
  • ブラックエンブレムの16(575口)
  • ルシルクの16(1,540口)
  • プチノワールの16(1,720口)
  • プリモスターの16(1,516口)

 

そして、結果は以下の通り。

 

 

f:id:salarymanbanushi:20170807205949p:plain

 

 

まさかのプチノワールの16が当選しました!

父: ロードカナロア

母: プチノワール(母父: シングスピール)

総額3,500万円(1口7万円)

 

(ブラックエンブレムの16しか当たらないと思ってたら嬉しい誤算)

 

 

 

正直なところ、元々この馬にはそれほど注目していませんでした。

この馬は父ロードカナロア×母父シングスピールという血統だったので、サンデーが入ってないところにマイナス面を感じていたからです。

しかし改めて考えてみると、姉のローブティサージュは父ウォーエンブレムで非サンデー。それで阪神JF、キーンランドCなど重賞戦線の常連として活躍していましたからね。

母の繁殖馬を見ていると気性面が若干不安なので、むしろ非サンデーが合うのかもしれません。

 

ちなみにそれ以降はサンデー系で、ステイゴールド(ステイオンザトップ)、ディープインパクト(ブレイニーラン)とつけています。

※ステイオンザトップは、須貝厩舎の謎采配もあって、まだ未勝利。詳しくはネット競馬をご覧ください。

 

 

実は映像もしっかり見てなかったんですが、バランスはとてもいいですね。

この見栄えで417キロですからね

大抽選会不可避だったのは後で納得です笑

 

気性面では煩いところもあるようですが、勝負根性など良い方向へ繋がってくれれば。

姉のローブティサージュを超える活躍も夢ではないでしょう!

 

ちなみにこの馬、実績だと302万、抽選だと10パーセントくらいの当選率でした。

この高倍率を運よく突破できためぐり合わせもあるので、活躍を期待しています。

   

 

本馬の預託先は須貝尚介大先生です!

よろしくお願いいたします。

「須貝尚介」の画像検索結果

 

誰やこれ・・・・・・・・・

 

スポンサーリンク