悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで6頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

GWマカオ&香港 旅打ち遠征その2

4月30日(日)

早朝便で機内では爆睡しました。

香港国際空港に到着したのは、現地時刻で朝9時55分。

今回の目当てであるクイーンエリザベス2世カップは現地16:35発走ですから、まだまだ時間的に余裕もあります。

 

というか、この日程ならば、月曜日に有給を取れば3連休で充分遠征できますね。

独身貴族の間しかこんなお金の使い方はできないでしょう。

今後もどんどん遠征を検討していきます。

結婚とかしたくねえ~。

 

さて、4時間のフライトを経て香港着。

競馬場へかかる気持ちを抑えながら入国審査へ向かうと、長蛇の列。

日本人はあまりいませんでした。

f:id:salarymanbanushi:20170506212908j:plain

 

朝からだるいなーと思いつつ、なんとか入国審査を突破。

さっそく、香港市街地に向かいます。

f:id:salarymanbanushi:20170506213100j:plain

香港国際空港から市街地までは、エアポート・エクスプレス(機場快線)が走っており、上の写真にもあるように24分で市街地まで行けます

 

前回の遠征時に作った日本のSuicaにあたるオクトパスカードがあるので、客務中心に並ばず、改札をスルー。

片道90HKD(約1,500円)、九龍駅に向かいます。

エアポートエクスプレス料金

 

当日の香港は快晴。

香港はとても狭いので、高層ビルがあらゆる場所に密集しており、見ているだけでも楽しいですよね。

海外っぽくて笑

 

f:id:salarymanbanushi:20170506213538j:plain

 

これは青衣駅の近くで、少し都心部から離れているのですが、それでもこの密集した街並みです。

住みたくはないですね笑

 

そんなことを言っている間に九龍駅に到着。

さっそくチョンキンマンションへ両替に向かいます。

f:id:salarymanbanushi:20170506213926j:plain

ここは以前の参戦でも書いた通り、バックパッカーの聖地。

私は学生のとき結構バックパッカーが好きだったんですが、沢木耕太郎の深夜特急というバックパッカーの教科書みたいな小説にはまってました。

その小説の舞台のひとつがここなんですよね。

 

ちなみにここ、香港トップクラスに両替レートがgoodなのです。

日本の社畜生活で貯めた軍資金7万円を香港ドルにエクスチェンジします。

 

そして、近所の飯屋で昼ごはんを食べ、ダッシュで沙田競馬場のある馬場駅へ向かいます。

もちろん、競馬新聞もゲット(英語版)。30HKD(約450円)。

f:id:salarymanbanushi:20170506220123j:plain

 

今は尖沙咀駅にいるので、以下路線にて。

  • 尖沙咀駅→尖東駅まで徒歩(10分くらい)
  • 西鉄線 (West Rail Line)で紅磡駅まで
  • 紅磡駅から東鉄線 (East Rail Line)で馬場駅まで

拡大版の香港路線図

香港は地下鉄が発達していてとても便利です。

前述の通り、オクトパスカードは絶対作っておいたほうがいいですね。

東京でSuicaやPasmo無しで電車移動するようなものですから。

f:id:salarymanbanushi:20170506220054j:plain

 

 

ここまで非常にスムーズに、馬場駅に到着しました。

スポンサーリンク