悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで6頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

サーブルノワール4戦目はダート2100へ

2017/01/09 <レース結果>

サーブルノワール
 1/8(日)中山5R 3歳未勝利〔芝2,200m・16頭〕5着[7人気]

 

まずまずのスタートを切ると、道中は9番手辺りを追走、4コーナーで内を回って徐々に前との差を詰めに掛かり、直線は最内を突いて追い上げますが、ジリジリとした伸び脚で大きく順位を上げられず、5着でゴールしています。

 

蛯名正義騎手

「中団内の良い位置に付けることができたのですが、3コーナーを過ぎてペースが上がると追走するのに苦労してしまいましたし、どうしても最後スパッとした脚が使えませんね。落ち着いたペースの中、抱えられている内は良いフットワークで走ることができるのですが、ペースが上がるとこちらが促さないと付いて行けなくなってしまいますし、いざ促して行くとフットワークがバラバラになってしまいます。そういう意味でも緩急の差が激しくなってしまう芝のレースよりは、ダートの方がこの馬には合っているように思います。まだ馬体に緩さは残っていますが、初戦と比べるとスタートからの行きっぷりが良くなっていましたし、最後もジワジワと脚を使ってくれたように、この馬なりに成長してきていると思いますよ」

 

小島太調教師

「今日はスタートから進んで行けましたし、内目の良いポジションからレースを進めることができましたね。ただ3コーナー辺りから徐々に追走に手間取っていましたし、直線もジリジリとした伸び脚でスパッとした脚を使えませんので、蛯名騎手も言っていましたがダートの方が合っているのかもしれません。権利を取ってくれましたので、このまま在厩して調整し、東京のダート2100mの番組を目標に進めていきたいと思います」

 

f:id:salarymanbanushi:20170109141726j:plain

 

レース結果はこれまでの2走から内容と着順が前進。

休養効果か、以前よりだいぶ走るほうに気が向いてきたようです。

結果は5着と現時点では及第点ですし、やはり距離長いほうが向きますね。

 

それで、次走なんですが、

東京ダート2100m。

 

確かに芝で切れる脚は全くなく、このダート替りは一度試してみたほうがいいかもしれません。

 

次開催の東京ダート2100は意外と番組があって、

  • 1月28日(土) 2レース
  • 2月5日(日)   2レース
  • 2月11日(土) 2レース
  • 2月19日(日) 2レース

 

この時期だと3場開催になるので、メンバー手薄なところで一発勝ってくれることを祈ります。

 

スポンサーリンク