悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで細々と5頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

マカオ&香港旅打ち遠征その10

香港カップ

いよいよ当日のメインレース、香港カップです。

シャティンの芝2000メートルに日本馬は5頭参戦。

  • エイシンヒカリ
  • モーリス
  • ラブリーデイ
  • ステファノス
  • クイーンズリング

特にエイシンヒカリとモーリスはここがラストラン。

今回の香港遠征は、この2頭の引退レースをこの目に焼き付けるべく決行したようなものです。

 

ちなみに、ここまで私の馬券は絶不調。

朝からすでに2.5万ほど負けています。

馬券で勝って取り戻そうかという気持ちもありましたが、一方でせっかくの日本の名馬の引退レース。

ここは馬券を見して、この香港カップというレースに集中することに決めました。

 

レースはラチ沿いの最前列で見たかったので、パドックはパス。

 

オッズは、こちら香港でもモーリスは1倍台の圧倒的支持。

モーリスは香港でもスーパースターのようで、モーリスの写真を持った現地の人も見かけました。

そりゃあ、昨年の香港マイルをはじめ、これまで強い競馬を見せ続けているモーリス。

日本でいえば、安田&マイルCSを圧勝、さらにジャパンカップ的なこの香港カップまでこの後勝ってしまうのですから…

香港の競馬ファンにとっては、ディープインパクト以上の最強馬と思われているといっても過言ではございません。

 

返し馬。

エイシンヒカリと武豊、このコンビが見られるのもこのレースが最後です。

f:id:salarymanbanushi:20161213215148j:plain

キャロットからはステファノス。

ステファノスも堅実に国内路線を歩んでおり、良い馬です。

鞍上はスミヨン。

f:id:salarymanbanushi:20161213215159j:plain

 

クイーンズリングとMデムーロ。

エリザベス女王杯を勝ってここに参戦。

f:id:salarymanbanushi:20161213215201j:plain

レース

レースはエイシンヒカリが最内枠もあって逃げの手に。

一方、圧倒的人気のモーリスは少し出足がつかず後方からの競馬。

f:id:salarymanbanushi:20161213215215j:plain

f:id:salarymanbanushi:20161213215221j:plain

f:id:salarymanbanushi:20161213215228j:plain

向こう正面からは、エイシンヒカリが単騎で大逃げする形。

3角~4角では後続を大きく引き離しました。

手ごたえも十分、競馬場も大盛り上がり。

この時点ではエイシンヒカリが勝つのでは?と思い、私は涙が出てきそうなくらいでした笑

直線に入って、エイシンヒカリがいっぱいになると、内の経済コースを回っていたライアンムーアとモーリスが勢いよく加速。

逃げるエイシンヒカリをあっという間にかわし、どこまでも伸びていきそうな末脚で圧勝しました。

強いの一言。

 

実況の「ワールドスーパースターモーリス」、まさにここにありといったレース。

ここでもまた涙腺が緩んでしまいました。

 

エイシンヒカリ、よく頑張りました。

この馬はご存知の通り、勝つか負けるか、の馬。最後となったこの引退レースでいいスピードを見せました。

このスピードを、エイシンヒカリの子供に引き継いで、その子がまた活躍して、、

競馬の魅力はこの血統のつながりにもあります。

シルクホースクラブ阿部社長、エイシンヒカリ産駒、よろしくお願いします。

 

2着シークレットウェポンと3着ステファノス。

ステファノスは堅実に国内路線を走っていますが、ここでも3着と力をつけてきています。

f:id:salarymanbanushi:20161213215620j:plain

 

4着ラブリーデイ。

またしても4着。牡馬6歳、一時期より力は落ちていますが、馬はよくがんばっています。f:id:salarymanbanushi:20161213215639j:plain

そして勝ち馬モーリス。

鞍上ライアンムーアもこの馬に相当入れ込んでいることもあり、これまで見たことのない笑顔。

モーリス、学生時代に京王杯2歳Sを府中で見たときはこんな馬になるとは思っていませんでした。あの時勝ったカラダレジェンド、今なにしてる?

f:id:salarymanbanushi:20161213215805j:plain

堀調教師ってこんな感じだっけ?っていうほど、この人も喜んでいました。

普段テレビとか競馬場で見るとムスッとしているのですが、今日はこのモーリスとさらに香港ヴァーズのサトノクラウンでも勝っていますから最高の1日だったことでしょう。

同時に、堀調教師の手腕は大変なものですね。

ジョッキー選択もそうですし、馬に合わせた成長を促して、レース選択も完璧。

いつか堀調教師にも一口馬主でお世話になれたらいいですね。

f:id:salarymanbanushi:20161213221420j:plain

多数の観客が見守る中、君が代が流れます。

f:id:salarymanbanushi:20161213221436j:plain

f:id:salarymanbanushi:20161213221433j:plain

 

セレモニーが終わり、馬場から去るところでも、ずっとムーアはファンにサイン対応をしてましたね。

いやームーアのファンになってしまいますわ。。。

かっこいい、、、、

f:id:salarymanbanushi:20161213215706j:plain

 

こんな感じで香港国際競争が終わりました。

今回の香港国際競争を直で観戦し、今後も香港をはじめ、さまざまな競馬場を訪れ、より競馬を深く楽しみたい欲求が高まりました。

ブログのタイトルにもありますが、私はしがないリーマンです。

その身の丈にあった一口馬主として、もっと競馬を楽しめればいいなと改めて思いました。

いつかは出資馬で海外遠征いけたらいいな~

こりゃ結婚できないわ…

 

 

おまけ。

プレゼンターの女性、きれい。

結婚しよう。

f:id:salarymanbanushi:20161213215718j:plain

 

 

スポンサーリンク