悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで6頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

出資馬近況(1110) リバーサルフィルム初陣は11月26日

リバーサルフィルムの初戦が決定しました

ここまでの過程

10月15日: 美浦トレセンに入厩

10月21日: ゲート試験合格

10月27日以降、調教でタイムを出し始めました。

 助 手 10.27南坂良 54.8- 40.3- 26.4- 13.0 馬なり余力
  クインズコースト(二未勝)馬なりに同入
 助 手 11. 3南坂稍 53.2- 38.5- 25.8- 12.8 一杯に追う
  シャドウウォリアー(新馬)一杯を0.1秒追走0.8秒先着

 助 手 11. 6南坂良 59.5- 44.7- 29.6- 14.7 馬なり余力
  シャドウウォリアー(新馬)馬なりに同入

 助 手 11.10南W良 86.5- 70.0- 55.2- 40.8- 13.2[5]馬なり余力
  シャドウウォリアー(新馬)馬なりの内同入

 

初戦は11月26日(土)東京ダート1600mを予定

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで10日に時計
次走予定:11月26日の東京・D1,600m

加藤征弘調教師「10日にWコースで時計を出し、併せ馬の内に入れて同入しています。今回は初めてWコースで長めから追い、時計も70-40と予定通りでしたが、終いまでしっかり動けていました。これならば再来週ぐらいには態勢が整うと思います。東京4週目のD1,600mを目標に調整していきます」

 

調教過程から言えば、現段階ではまずまずの時計が出ています。

特に一杯に追った11月3日の調教が加速ラップで良いタイムが出ているので、期待大です。

今週はウッドコースで長めでタイムを出せているので、調教に関してはここまで文句なしです。

この馬の血統は父クロフネ、母も大した活躍はしていない地味な血統ですが、募集時から頓挫無く、ずっと牧場から乗り込めていました。

地力はかなり付いていると思いますし、レースまでのあと2週しっかり仕上げていってほしいですね。

 

※本記事はシルクホースクラブホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ております。

スポンサーリンク