悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで細々と5頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

【次走】サーブルノワールは10月8日東京芝2000メートル

サーブルノワール選手の次走が決まりました。

9月17日にデビューしたサーブルノワールの次走が決まりました。

10月8日(土) 東京競馬場 芝2000メートル

現状、大跳びかつズブすぎるこの馬には最適の条件でしょう。

2016/09/29 <近況>

在厩場所:美浦トレセン

調教内容:坂路コースで28日に時計

次走予定:10月8日の東京・芝2,000m〔内田博幸〕

調教助手「28日に坂路で時計を出しました。調教の動きは悪くないのですが、競馬では気持ちが全然前に向いていなかったすから、気持ちの面で変わり身がほしいですね。東京1週目の芝2,000mを内田騎手で予定しています」

 鞍上もジャスティス・エビダンス騎手から内田騎手に乗り替わりです。

ゴールドシップをしばきまくっていた内田ですから、ここは初めから押しまくって逃げるくらいの気持ちでいってほしいですね。

 

前走の新馬戦を振り返る

前半65.4秒の新馬特有のスローペースからの後半3ハロン11.7-11.7-11.3の加速ラップ。当日は完全に内有利の馬場で、後方にいた馬は用無し。サーブルノワールは明らかに仕上がり途上だったことに加え、内が伸びる馬場を終始大外をまわってきただけで、悲観する内容ではない。ちなみに勝ち馬は逃げて上がり最速のアルミューテン、2着も内が伸びる馬場をロスなくまわったウインガーランド。

今回大回りの府中コース替わり+距離延長でなんとか変わり身をみせてほしいです…

サーブルノワール  助 手 9.28南坂良 55.2- 40.5- 26.4- 12.9 馬なり余力

 調教も馬なりで終い12.9なので悪くはないんですがね。気持ち次第です。

 

10月8日はクライムメジャーも出走

また当日のメイン競争サウジアラビアカップ(G3)には、今年の朝日杯優勝候補、シルクのクライムメジャーが出走するようです。

新馬戦は抜群に強かったですし、2着のアドマイヤミヤビも前走未勝利で内が伸びる馬場を外から豪快に差し切りましたからね。

メンバーもサトノアレスダンビュライトあたりが出走予定ですので見応えがありそうです。

当日はサーブルノワール&クライムメジャーを見に府中参戦しようと思います!

 

 ※本記事はシルクホースクラブホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ております。

スポンサーリンク