悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで細々と5頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

一口クラブの事故見舞金

ふとシルクから来た明細を見てみると、

8/19 事故見舞金第9号(競争中骨折6か月)

という文字の下、5,800円が分配されていました。

 

見舞金 2,900,000円÷500口=5,800円

 

ウォリアーズクロスは前走ダート1000m(3着)のあと、以下のように骨折してしまいました。

2016/07/27 <近況>
在厩場所:函館競馬場/28日に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧予定
国枝栄調教師「本日(水)、函館で詳しく検査をした結果、右第三手根骨骨折で
6ヶ月の診断を受けました。明日(木)、空港牧場へ放牧に出し、社台クリニック
で手術することになると思います。このような結果になってしまい、誠に
申し訳ありませんが、まだまだ先のある馬ですから、じっくりとケガを癒し
てもらって、また一回り成長して戻ってきてもらいたいですね」

2016/07/28 <最新情報>
改めて詳しい検査を行ったところ、右第三手根骨骨折で全治6ヶ月以上の診断
を受けました。このあとは社台クリニックで手術を行うことになり、
28(木)に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧に出ています。

 だからどうって話ではないんですが、一口馬主を始めて1年強、こういう制度もあるんだな~と思った次第です。

 

ちなみにシルクのパンフレットから抜粋すると、

競争中予後不良・・・6,100,000円

調教中死亡・・・5,950,000円

などを筆頭に、事故の程度によって600万~200万程度の見舞金が支払われるそうです。

 

いずれにしても、ウォリアーズクロスは早く復帰してほしい。。

 

スポンサーリンク