悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで細々と5頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

2歳馬最後の出資馬

1歳馬の募集馬リストが発表され、2歳馬募集が終了しようとしているこのタイミングに、1頭ポチってしまいました。

 

リバーサルフィルムです。

 

f:id:salarymanbanushi:20160821223055p:plain

フォトジェニーの14

募集総額:2,000万円
一口出資額:40,000円

性別:牡
毛色:芦毛
生年月日:2014年3月5日
厩舎:関東 加藤征弘 厩舎
生産:ノーザンファーム
父:クロフネ
母:フォトジェニー
母の父:スペシャルウィーク
英語名:Reversal Film
意味:反転フィルム。父名と本馬の白い馬体(反転)と母名より連想。
クラス:新馬

 

満口になる恐れもなさそうな馬でしたので、この時期まで当馬に出資するかどうかじっくり考えていました。

 

正直なところ、根本的な力が足りないような気もしていますが

以下の点を評価し出資を決めました。

 

順調に調教を進められている点

これまで頓挫なく、ずっと順調に調教を進められています。

動画を見ていると、(さすがにもう1頭の私の出資馬サーブルノワールと比較すれば相手にならないでしょうが、)まずまずに見えます。

またシルクのコメントによれば成長もこれからのように思えるので、今後の伸びしろにも期待できそうです。

当馬は非常に順調ですので、10月の東京開催の頃にはデビューできるでしょう。

 

2016/08/19 <所有馬情報>

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンター1~2本、残りの日は角馬場でフラットワーク

担当者「これまでハロン15秒のペースに抑えていたのを、先週からハロン14秒ぐらいまでペースを上げていますが、それでも軽く乗り越えてくれています。立ち姿・常歩を見ると本当にしっかりしてきた印象を受けます。筋肉に張りが出てきましたし、体もグッと大きくなってきました。以前は少し負荷を強めると飼い葉食いが落ちていましたが、今はペースアップしてもしっかり食べてくれていますので、そういう所を見ても、だいぶ体力が付いてきているのがわかりますね。9月中の入厩を目指しています

 

関東 加藤征弘 厩舎である点

シルク会員なら誰しもが知っているグレンツェントは加藤征厩舎です。

最近一口馬主の視点から競馬を見ていて改めて思うのは、厩舎力は馬の成績に大きな影響を与える重要な要素だということですね。

1歳馬募集リストを見ていても、やはり名の知れた厩舎はプラスαで厩舎料金のようなものが付加されているように思えます。

話がそれましたが、加藤征厩舎は美浦リーディング7位、全国リーディング18位(8月21日時点)とまずまずですし、シルク馬との相性も比較的良いように思えます。

それにこの厩舎はまずまずの騎手を起用してくれますからね。

フォトジェニー産駒はこれまで無名厩舎に入ってそこそこの活躍をしていますから、今回加藤厩舎でしっかり鍛えてもらえば、もう少しやれる馬に成長してくれる気がします。

 

芝・ダート兼用、息の長い活躍ができそうな馬である点

5月にも書きましたが、当馬はG1が獲れるだとかそんな馬では決してないと思います。

【残口検討】リバーサルフィルム(フォトジェニーの14) - 若手リーマンの一口馬主記録

配合はクロフネ×スペシャルウィークと芝ダートともに活躍できそうですし、言い方は悪いですが、つぶしの効くタイプだと思います。

 

一口馬主としては、大きいレースで走ってほしいのもありますが、やはり数を使ってほしいところ。

関東馬ですし、直接見に行ける機会も多そうですしね。

 

 

ということで、2歳馬のリバーサルフィルムに出資しました。

リバーサルフィルムに出資されている方、よろしくお願いします。

 

※本記事はシルクホースクラブホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ております。

スポンサーリンク