悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで6頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

一口馬主を始める方へ、私の一口馬主の楽しみ方

一口馬主を始めたきっかけ

私は昨年夏にシルクホースクラブに入会し、一口馬主を始めました。

当時私は「馬券で楽しむ競馬」を存分に楽しんでいましたが、少し違った競馬の見方ができる一口馬主に漠然とした興味がありました。

というのも、友人がレーヌドブリエという馬に出資しており、しかもまずまず活躍していたことから傍から見て自分もやってみたいという想いがあったのです。

とはいえ、馬券キ○ガイともいえる私には一口馬主の出費はなかなか手が出ませんでした。

今でこそ馬券をやらない週も多くありますが、当時は週1-2万ほど馬券で負けていたことも多かったと思います。

全くJRAさんのために働いていたといっても過言ではありませんでした。

そんな中、(金銭的なこともありましたが…)違った視点から競馬を眺めてみたいという想いが生まれ、夏のボーナス直後ということも相まって、昨年夏にシルクホースクラブに入会しました。

 

最初に出資した馬、ウォリアーズクロス

シルクホースクラブに入会して、私はウォリアーズクロスという馬に出資しました。

現在5戦し、1-1-2-1。500万クラスです。

当馬は2013年産、第3回追加募集で馬体が評判になった外国馬です。

1口8万、総額4,000万。少し値は張りましたが、調教動画等を見て納得の上で出資した1頭です。

最初は気性面がおっとりしていたことから、勝ち上がりできないかと心配していましたが、今春中山ダート1200mで勝利してくれました。

実は今週末、24日日曜日に函館ダート1000mに(おそらく1人気)で出走するのですが、ますます上に上がってほしいと思っています。

結構期待しています。

 

一口馬主をやってよかったこと

  • 出資した事実だけで楽しめる

この記事を見ている方の中には、所詮一口馬主、所詮シルク会員が…

なんて考える方も少なくないと思います。

ただ、たった500分の1口であっても、出資した事実が、出資馬を愛馬とさせてくれます。

もちろん、出走するまでは全く面白味もありませんでした。

牧場に出資馬を直接見に行ったわけでもありませんし、毎月シルクから送られてくる数千円の請求に、もったいないなぁ~と思ってお金を支払っていました。

それが一転、出資馬のレースが近づいてくると、枠順、相手構成、コース適正なんかを馬券とは比にならないくらい調べまくります。

レース当日には、特に新馬のレースでは、緊張してくるほどです。

例えば私が初めて出資したウォリアーズクロスのレース結果、展開なんかはすべて思い出すことができます。完全に、(一口)馬主になりきれるのです。

一口馬主なんて宗教みたいなものですから、傍から見ていても多少気持ち悪いくらいのものです。(私は宗教は一切断じて入っていませんが…笑)

ただ、出資代金+月数千円の維持費であれば、馬券から見れば大した出費ではないですし、自身の競馬の世界を広げることができます。

このブログに来るような人はきっと競馬が好きで好きで、人生から切っても切れない存在だと思います!

そんな方々に、違った競馬の楽しみ方をすることができるツールとして、一口馬主をお勧めします。

一口馬主教に入りましょう!!

 

スポンサーリンク

 

 

牧場見学が楽しい


シルクのまわしものでもなんでもありませんが、シルクでも他クラブでも牧場見学することができます。
私はこれまで、ノーザンファーム天栄2回、空港1回、社台スタリオンステーション1回訪れています。

ここでも出資している馬はもちろん、事前予約は必要ですが、出資検討馬も見ることができますし、なかなか面白いです。

例えば、現在オープンで走っているモルジアナなんかは2歳時?に北海道で実際に触れて思い出深く、その馬が活躍しているのはとてもうれしいものです(当時はまだ一口馬主ではなかったですが、友人のお誘いで北海道まで見学に行きました)

現在私は前述のウォリアーズクロスと今秋?デビューのサーブルノワールに出資しております。

両馬ともノーザンファームで自分の目で見て、触れて、と一口馬主ライフを楽しませてくれています。

前者ウォリアーズクロスは既に5走しており、内4走は競馬場に見に行っていますので、その後牧場で実際に会うと、とてもいいものです。また厩務員さんと話して普段の状態や適性、気性、次走予定なんかも教えてもらえますから、本当に馬主ごっこが楽しめます。

右往左往していますが、未勝利勝ちの時には1倍台のオッズにも関わらず、先頭でゴールを駆け抜けたシーンは忘れられません。

 

今後一口馬主をはじめようとする方へ

もちろんお金がかかるのは確かですが、馬券大好き人間がほとんどでしょうから、少しその負け額を一口馬主にまわすのも選択肢として悪くないと思います。

私は自分自身が一口馬主なんて絶対やらないと思ってました、がやってみたら意外と楽しく、一口沼にはまりつつあります。

ちなみに、いろいろなブログを見ていますが出資額はまず返ってきません

あくまで、一口馬主を楽しめる人が始めるべきですね。

ただ競馬をより楽しむなら、一口馬主おもしろいとおもいます。

 

スポンサーリンク