悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで6頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

【2016年5月】サーブルノワール画像@ノーザンF天栄

先日ノーザンファーム天栄を訪れた際の、マイネナデシコの14、改め、サーブルノワールです。


サーブルノワールの最新の画像

f:id:salarymanbanushi:20160525202126j:plain

f:id:salarymanbanushi:20160525202237j:plain

f:id:salarymanbanushi:20160525202308j:plain

 

調教動画と血統、出資理由

シルクの第2回追加として募集された馬です。

出資理由については別途記事を書いています。

 父:   ブラックタイド

母父:  サッカーボーイ

産地:  谷川牧場、北海道浦河町

2015年北海道サマーセールで1,458万円でノーザンファームが落札


募集当初は歩様なんかも気にされた馬でしたが、調教は順調です。

14-14をこなしており、担当者コメントでは「来月頭までの入厩」とのことで、シルクの募集馬の中ではかなり仕上がりが早い馬ですね。


近況

先週のシルクHPでの

「球節に少し疲れが出た」

というコメントに対しては、担当者によれば特に問題なしとのことでした。

歩様に関しても特に違和感はなく、早くデビューしてほしいと思います。

 

ちなみに6月頭までに入厩し、ゲート試験を受けて戻すプランもあるみたいですね。

「新潟2歳ステークスの勝ち馬が大成しない」ことに代表されるように、夏の暑い時期に無理して使うのはという声もあります。

一方で近年では、オルフェーヴルやウインバリアシオン(ともに8月デビュー)、ハープスター(7月デビュー)、イスラボニータ(6月2日デビュー)、レッドリヴェール(6月1日デビュー)など、パッと思いつくだけでも早期デビューでの活躍馬がずらり。

個人的には早くデビューして、使えるところでどんどん使ってほしいという気持ちが強いです。

 

馬の印象としては、やわらかい歩様で丈夫そうなイメージでした。

気性もおとなしく、触っても動じません。

まだ馬体は緩いですが、今後の成長ぶりに期待したいと思います。

天栄の担当者さんも期待馬の1頭のようで、上々のコメントが多くきかれました。

デビューが非常に楽しみですね。

 

スポンサーリンク