悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで細々と5頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

【2016年5月】ウォリアーズクロス画像@ノーザンF天栄

先日ノーザンファーム天栄を訪問してきました。

その第一目的がウォリアーズクロスを見に行くということ。

この4月に3歳未勝利を勝ち、今はノーザンファーム天栄で調整されています。


ウォリアーズクロスの近況と画像

f:id:salarymanbanushi:20160524213531j:plain

f:id:salarymanbanushi:20160524213734j:plain

f:id:salarymanbanushi:20160524213759j:plain

 

f:id:salarymanbanushi:20160524213832j:plain

 

出資馬の方はご存知の通り、かなりおっとりとした気性をしています。

パドックでもあまり覇気が感じられない歩きをしますが、今回見た姿もその通り。

かなり人懐っこく、触られることを嫌がりませんし、馬房を見ていると近づいてくるような優しい馬の印象でした。

厩舎担当者も、乗りやすい馬、従順な馬とのことで、引っ掛かる様子も見せないとのことでした。

この日はあいにくの天気で、ウォリアーズクロスを見ているときにちょうど雨が降ってきました。その雨をぼーっと馬房で見ているウォリアーズクロスが以下の写真です。

f:id:salarymanbanushi:20160524213940j:plain

f:id:salarymanbanushi:20160524214015j:plain

 

レースを使うごとに少しづつ前向きにはなってきましたが、前走の抜け出したあと石川J曰く「遊んでいた」とのコメントもありますし、もう少しレースに気持ちが入れ場と思います。

 

今後のレース

函館に出走を検討というのは周知のとおりですが、

なんでも函館ダート1000mの可能性を示唆されておりました。

 

うーん、、、、、、

どう考えても合わないと思うのですが、火のないところに煙は立たぬ、そういうことなんでしょう。

これまでのレースぶりを見ている限り、外枠かつスタートを決めなければアウトの条件です。

一方で函館ダート1000mというのは例年メンバーも低くなりやすいですし、結果オーライを期待するしかありません。

気性面を踏まえても引っ掛かるようなタイプではないので、1000mを使ってから距離を伸ばすこともできると思うので、一回見てみたい条件ではあります。

出資者の方はいかがお考えでしょうか。

 

スポンサーリンク