悲しいリーマンの一口馬主記録

シルクで細々と5頭やってます。酒と競馬が趣味です。UMAJOと結婚したいアラサーのリーマンです。

第2回追加募集でマイネナデシコの14に出資した理由

先月シルクホースクラブから第2回追加募集馬として4頭が発表されました。

そしてそのうち1頭、マイネナデシコの14に出資しました

総額2,400万円、一口48,000円の馬です。

 

マイネナデシコの14についての見解

父:   ブラックタイド

母父:  サッカーボーイ

産地:  谷川牧場、北海道浦河町

2015年北海道サマーセールで1,458万円でノーザンファームが落札。

 

【個人的な見解】

スタミナ寄りの芝で長く活躍できそうなタイプ。

小島太厩舎というのもあって、アプリコットフィズのような活躍を期待します。

スピード感がいかにもなさそうな血統背景ですが、父ブラックタイドが良い方に出ることを祈ります。

ブラックタイドといえば、先日の天皇賞春の勝ち馬キタサンブラック。

キタサンブラックも先行脚質ということはありますが、過去上り最速は1回とご存知の通りあまり切れるタイプではないです。

従って当馬も、先行して早め抜け出し、みたいな競馬をして勝ち上がっていってほしいと思います。

 

【2015年サマーセールでの評判】

前述の通り、当馬はサマーセール購入馬。

正直私は今の馬体を見てもどうこうわからないのですが、各所での馬体の評判は上々。

2015年サマーセール時の各ブログを見ても、

と悪い評判がほとんど出ていない馬でした。

 

 

【母の産駒成績について】

母マイネナデシコ

 - (JRA) 30戦 2勝(27,210,000円)

芝中距離~長距離を中心に1ケタ着順が多い善戦馬といった印象。

正直大した成績ではないです。

 

12年産駒: ブレッザバラーレ

 - (JRA) 6戦 0勝(700,000円)

新馬芝1200の5着入着が最高、現在は南関で走っていますが全く良いところ無く未だ未勝利。父シニスターミニスターということもあり、全くスピードが無く参考外です。

単に脚が遅く、競走馬として力が足りないと思います。

 

13年産駒: マイネルデュエル

 - (JRA) 1戦 0勝(0円)

2015年6月デビューで11着の1戦のみ(芝1800m)。

この馬も父ロージズインメイスピード感無し

正直配合的にも大した成績は期待できなかったでしょう。

 

⇒ マイネナデシコの14は初のサンデー配合。

これまでのマイネナデシコ産駒はスピードが全くない子供ばかりです。今回、父ブラックタイドを付けたことで、サンデー配合になってスピードが増せばと思います。またノーザンファームで育成されたことは競争能力に大きなプラスだと思います。なお15年産駒はゴールドアリュールを付けているようです。

 

【今後について】

追加募集馬ということでまだ馬名も付いていない状況です。

一方ですでにノーザンファーム天栄に移動済。

調教は15-14まで進んでおり、夏前デビューも可能だと勝手に思っています。

昨今の番組では、早期デビューは賞金面で非常に有利です。

早い段階でまず1勝して、2歳のオープンレースをどんどん使って行ってほしいと思います。

 

f:id:salarymanbanushi:20160505181312j:plain

スポンサーリンク